ComfortZone合同会社

代表あいさつ

当社は、Web制作 - Webプロモーションからスタートしました。新たな取組として

「介護施設内のIOT化により、
空間をカスタマイズする」

をテーマに健康・介護分野において、様々なセンサーやAI技術等を利用した見守りシステムを開発し、認知症患者が、鍵の施錠等で拘束されることなく、開放感があり、快適に過ごせる環境を提供します。また、スタッフや施設利用者に役立つ介護関連商品・コロナ関連商品を販売します。

20代前半の頃、祖父が認知症になり、街中を徘徊し、傷だらけで帰ってきたり、施設に入居させても徘徊してしまい、一時期行方不明になるなど、しっかりした見守りができなかったため、寿命を縮めてしまったのではないかと後悔しました。

大学卒業後、IT会社に入社し、約25年間、様々なシステム開発に携わった中で、自動認識技術(RFID・顔認証等)やセンサー技術を利用し、見守りに利用できないかと思い立ちました。

IOTの本質が「つなぐ」ことであり、そして「融合して新たな価値を創る」ことにあります。AIなどの新たな技術も取り入れつつ、現行の通信・電波技術を活用した有効なソリューションを提供します。

代表社員 新保隆義

会社概要

社名 ComfortZone合同会社
所在地 〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1丁目20-21 1F
メールアドレス info@comfort-zone.co.jp
代表社員 新保 隆義
創業 2020年3月
事業内容
  1. 介護施設IOT化商品企画、開発、販売
  2. 介護用品販売
  3. Web制作